美容・健康

マスクは本当に感染予防に対して効果があるのか?

こんにちは!みのりです。

コロナウイルスで日本中は軽いパニックですね。日本中というか世界中といってもいいでしょうか。

マスクも買えないし、消毒用のアルコールもなかなか手に入らない。

訪問看護看護で勤めている私たちは日常的にこれらを使うので、在庫不足で困っています。

インフルエンザもそうですが、こういう感染するものが爆発的に流行した時によく出現するのが「マクスは感染予防に効果がない、意味がない」という人達。

理学療法士の中にも「マスクをしてもウイルスは通れるから意味ないよ」という人がいます。

という訳で今回は感染予防にマスクはした方がいいのか?ということについて書いてこうと思います。

マスクが感染予防に有効なのは当たり前

今回は感染予防にマスクはした方がいいのか?ということについてと書いていきます。

と言ってみたものの、医療の現場で働いている人には分かると思うのですが、マスクにはいろんな種類がありますし、マスクに感染予防の効果があるのは明白です。

感染予防として、マスクは必須なのですから。

テレビをみていてもわかります。
コロナウイルスの検査や治療のためにダイヤモンドプリンセスに乗り込んでいる人達、みんなマスクしてるでしょう。

まあ、検疫官が感染してるので強くは言えませんが、物事は全てが100対0で成り立っている訳ではありません。

感染する確率を下げることも、感染予防になるのです。

マスクは万能ではないが無能でもない。

市販のマスクではインフルエンザのウイルスやコロナウイルスは簡単に通り抜けてしまうので完全に防止できません。

しかし、咳によるツバや鼻水なんかはマスクで防ぐことができます。

ウイルスの大半はツバや鼻水に含まれているわけですから、そういった体液を遮断できるマスクは多少なりとも効果があるのです。

因みにダイアモンドプリンセスに関わっている人達がつけているマスクは医療用のものなので、市販で売っているマスクとはレベルが違います。粒子の大きさが0.1μmの物質を遮断できる「PFE」(微粒子ろ過効率)の基準をクリアしているマスクです。

これだと、ウイルスはマスクを通り抜けることができません。

結論

結論として、

「市販されているマスクではウイルスを通してしまうけれど、飛沫感染するものであれば、予防効果が0というわけではない。」

というところです。

空気感染するものであれば、予防効果は期待できないですね。

私は、感染予防の効果がなかったとしてもマスクを装着すると保湿されるので使いますけどね。

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です