自己啓発

【必見】仕事のやる気がなくなった時のやる気を引き上げる方法

こんにちは!みのりです。

 

最近、仕事のやる気が起きない!

そういう時、みなさんはどうしていますか?

 

私は勉強会に参加することにしています。

 

これは、普段勉強会に行かない人ほど効果的です。

というわけで、今回は仕事のやる気がなくなった時のやる気を引き上げる方法について書いていきます。

仕事に関係する勉強会に参加すれば、仕事のやる気を引き上げることができる。

私は理学療法士ですから、理学療法士的な勉強会であれば何でもいいです。

今疑問に思っていることや困っていることに対しての勉強会であれば、尚更良いでしょう。

大事なことは、勉強会に参加している人達や講師とふれあうことです。

 

仕事に対しての意識が高い人とふれあうと、やはり自分のモチベーションも高くなりやすいです。そういった人達はその仕事の楽しさを知っていますから。

楽しそうに仕事の話をする人の周りに与える影響はとても大きいです。

 

1日のうち、仕事をしている時間はとても長い。

1日の3分の1は仕事をしています。

でも、6,7時間は睡眠をとっているので、実質起きている時間の半分は仕事をしていると言えます。

1日における仕事をしている時間の割合はとても多いのです。

それだったら、仕事をしている時間も楽しく過ごしたいですよね。

仕事をしている時間を楽しく過ごせたら人生が豊かになります。

いろいろな人達と話をすることによって、自分の仕事の素晴らしさがわかる。

同じコミュニティーの人達ばかりと話をしていても、たいして得るものなんてありません。

一般的な人が考えることなんて、そんなにバリエーションありません。

しかし、違うコミュニティーの人達を話をすると、自分の知らないとこ、考えたこともないことを言われることが多々あります。

 

違う感性を持っている人達と話していると、自分が当り前と思っていたり、やっていることが、実はなかなか他人にはマネできない素晴らしいことだと気づかされることがあったりするんです。

理学療法士という職業は、昔に比べ認知度が上がってきています。

私達理学療法士にとっては、リハビリはただの業務の一環ですが、他の人達から見ると「なんて社会貢献になる素晴らしい仕事をしているんだ!」と思ってくれる人もいるということです。

 

とりあえず、モチベーションが低い理学療法士は、勉強会に行ってみてください。

仕事に対してのモチベーションが低い理学療法士は勉強会になんて行きません。

モチベーションを上げて楽しく仕事をしたいと思っている理学療法士さんは、是非勉強会に参加してみてください。

何か変わるかもしれませんよ。

 

私は変わりましたから、定期的に勉強会に参加しています。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です