お金の話

ふるさと納税は手続きが簡単だしお得だからやった方がいいよという話

 

みなさんはふるさと納税やってますか?
やったら得とわかってはいるものの、手続きが面倒くさい気がして始められない。それがふるさと納税。

地域を応援するというものではありますが、実際特なのでやったほうがいいですよー。

しかも、手続きは割と簡単なんですよーという話。

 

ふるさと納税は金銭的にお得

 

ふるさと納税で寄附を行うと、所得税と住民税から控除(還付)を受けることができます。

そして、返礼品をいただけるんですねー。これがなかなか豪華なんです。

ただ手数料の2000円は負担しないといけませんよ。

控除の上限額は収入や家族構成によって異なります。

例えば年収500万程度で扶養者なしの場合5万円くらい控除が受けれます。

寄付を5万円すると、5万円の寄付分の返礼品がもらえ、4万8千円は所得税と住民税から帰ってくるという仕組みです。

私は副業をしているので毎年確定申告をするのですが、その時追加で数万円の税金を払わないといけないんです。ふるさと納税をしてからはそれを相殺できてます。

めちゃお得ですよね。

ちなみに、控除上限額は「さとふる」のホームページで簡単に計算できます。1分かからません。

 

ふるさと納税を利用する為の登録はすごく簡単

 

「さとふる」のホームページから新規登録して個人情報を入力。それで準備OKです。

もちろんなんの審査もないしすぐに利用できます。

 

登録できれば寄付したい自治体と返礼品を決めます。

いいものがあれば申し込み。その後返礼品が届きます。

返礼品とは別に寄付金受領証明書というものが送られてくれてくるのでそれをもって確定申告すればOKです。

 

ふるさと納税で確定申告しなくてもいい方法

 

ワンストップ特例制度を利用すると確定申告は必要ありません。一年間(1月~12月)でふるさと納税の寄付先が5自治体以内であることが条件です。

副業などで確定申告しないといけない人は除外されますよ。

 

ワンストップ特例制度利用するには

1.寄付の際に「ワンストップ特例制度を利用する」にチェックを入れます。

2.特例申請書と各種書類を準備します。

特例申請書は寄付した自治体から送られてきます。

各種書類というのは・・・

  A.マイナンバーカードの表裏のコピー

B.マイナンバーカードのコピーまたはマイナンバーの記載されている住民票のコピー

運転免許証またはパスポートのコピー

C.マイナンバーカードのコピーまたはマイナンバーの記載されている住民票のコピー

健康保険証、年金手帳、提出先自治体が認める公的書類のいずれか

A,B,Cのいずれかで大丈夫です。

 

 

 

3.特例申請書と各種書類を寄付先の自治体に郵送する

 

これで完璧です。確定申告は必要ありません。

 

さいごに

 

収入を増やすために仕事を頑張って年収を増やすとか、副業をするとかいろいろな方法がありますが、それなりの時間と労力が必要となります。

 

ふるさと納税はもっとも簡単な財テクではないでしょうか?

 

絶対やったほうがいいと思いますよ。

こちらの記事もおすすめ!

POSTED COMMENT

  1. […] ふるさと納税の詳細についてはふるさと納税は手続きが簡単だしお得だからやった方がいいよという話をご参照ください。 […]

  2. […] ふるさと納税は手続きが簡単だしお得だからやった方がいいよという話 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です